人間はどうやって「社会的存在」になるのでしょうか? 端的に申し上げますと、物心がついた時に「安心」しているかどうかで全てが決まります。この「安心」は昨今にメディア上で濫用されている「安心」という言葉が指すそれとは次元が違うものです。自分がこれから申し上げようとしているのは「人間が生きる力の源」とでも表現すべきものです。 乳幼児期に両親もしくはそれに相当する養育者に適切に世話をされれば、子供は「安心」を持つことができます。例えば子供が転んで泣いたとします。母親はすぐに子供に駆け寄って「痛いの痛いの飛んで行けーっ!」と言って子供を慰めながら、すりむいた膝の手当をしてあげます。すると子供はその不快感が「痛い」と表現するものだと理解できます。これが「感情の共有」です。子供は「痛い」という言葉の意味を理解できて初めて母親から「転んだら痛いから走らないようにしなさい」と注意された意味が理解できます。そして「注意を守ろう」と考えるようになります。これが「規範の共有」です。さらに注意を守れば実際に転びません。「痛い」という不快感を回避できます。これで規範に従った対価に「安心」を得ることができます。さらに「痛い」という不快感を母親が取り除いてくれたことにより、子供は被保護感を持ち「安心」をさらに得ることができます。この「感情を共有しているから規範を共有でき、規範を共有でき、規範に従った対価として『安心』を得る」というリサイクルの積み重ねがしつけです。このしつけを経て、子供の心の中に「社会的存在」となる基礎ができ上がります。 またこの過程で「保護者の内在化」という現象が起こります。子供の心の中に両親が常に存在するという現象です。すると子供は両親がいなくても不安になりませんから、1人で学校にも行けるようになりますし、両親に見られているような気がして、両親が見てなくても規範を守るようになります。このプロセスの基本になる親子の関係は「愛着関係」と呼ばれます。 この両親から与えられて来た感情と規範を「果たして正しかったのか?」と自問自答し、様々な心理的再検討を行うのが思春期です。自己の定義づけや立ち位置に納得できた時にアイデンティティが確立され成人となり「社会的存在」として完成します。 このプロセスが上手く行かなかった人間が「生ける屍」です。
Reblogged from i11ness
混乱しているのは頭だけ。疲弊しているのは身体だけ。不足しているのは資金だけ。枯渇しているのは才能だけ。大丈夫や。俺は絶対に大丈夫や。
Reblogged from i11ness
iida-photo:

Arakicho, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan 31/05/2014東京都新宿区荒木町by Masahide IIDA (@iida_photo)Nikon D7000 / Nikon Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D

iida-photo:

Arakicho, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan 31/05/2014
東京都新宿区荒木町


by Masahide IIDA (@iida_photo)
Nikon D7000 / Nikon Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D

Reblogged from Volevo un gatto

犬がいなくなってから12日間、森で探し続けた。

もうそれ以上探しても無駄だとあきらめたとき、二人の猟師に出会った。

彼らは仕事で犬を時々見失うがいつも見つかるという。

彼らに教えてもらった方法のおかげで犬を見つけることができた。


01



飼い主が少なくとも一日着ていた服を犬を最後に見たところへ持って行き置いておく。

もし、犬の好きなおもちゃがあれば、それも置いておく。

他の人に片付けられないようにノートを残すといい。

水の入った容器も置いておく。

餌を置いておくと違う動物が寄ってくるから餌はダメ。

次の日チェックに行く。

私はこの方法聞いたけどあまり信じなかった。

だって12日間犬を呼んでいて聞こえていないのに、服を見つけるわけがないと思ってた。

でも次の日に行ってみたら犬がいた!

この話は犬をなくした人に役立つといいですね!

Reblogged from Volevo un gatto

5話では、紗和による秘密の恋の決まりごと「電話はしない。来たメールはすぐに消す。お互い返信がなかったらそれ以上は送らない」というのも、メモしておきたい感じですが、やっぱり利佳子さんの昼顔語録が圧巻です。

「足を踏み入れた以上、悪女にならなきゃ」
「不倫はね、することの罪よりもバレることの罪のほうが大きいの」
「はじめての情事の後はなにかとボロがでやすいの」
「男は一度抱いた後は誰でも冷静になったりするものよ」
「臆病な男はいるけど真面目な男なんていないわよ」

す・ご・い・で・す・ね・え〜〜。

Reblogged from i11ness
ちなみに心理学的には、父親不在の家庭であっても、母親が「お父さんはこんなに立派な人なのよ」と子供に言い聞かせていると、実際に父親がいる場合に比べても、子供の成長はほとんど変わらないそうです。
「そっちの方がラクでいいわ」と思ったお母さんは手を挙げてください。
Reblogged from i11ness

友達の多い人って何が違うんだろうね!
なぜ人は、その人のことを友達と思うんだろう!

そうなるためには、どうすればいいのか、ぼくなりに考えてみたよ!

たぶん、多くの人は、少なからず「自分を認めてほしい」と思ってるんだよ!
素晴らしい業績を残して尊敬されたい、とか
着飾ったりダイエットして、わーきれいって言われたい、とか
ちょっとしたギャグをとばして、笑わせたい、とかね…!

だけどそれって、褒めてくれる人がいるから成り立つんだよね!
あるいはギャグやジョークなら、大笑いしてくれるひととか。
だから人は、自分を褒めてくれる人に寄っていくよ。
そして自分のした業績を「ちゃんと理解して褒めてくれる人」っていうのは
褒められたい人にとって、すごく貴重な存在なんだ!

そう!ひとから「友」として認められることの多いひとっていうのは、
逆に人を認めてあげることのできる人なんだよ!!!
アイドルじゃなくて、ファンになれる人!

だからまずは、
他人の業績やら容姿やら性格やら作品やらギャグやらなんでも、
良い部分があれば「いいね!」って言えるクセをつけるといいと思う!
人に興味がなくても、人の行動や言葉や作品に「悪くない」って思う瞬間があるはずだよ!

さらに、他の人にも「xxxのzzzはとても良い」なんて教えてあげられると、なおいいね!
だって例えば、自分のことを人に紹介してもらうときに、
「彼のxxxxの実力はすごいんだよ。この前なんてこんなことがあったんだ」
みたいにエピソード入りで語られたりしたら、結構うれしくなっちゃうじゃん!照れるけど!!

あ、そうそう、他人の評価を上げることは、
決してきみの評価を下げることにはならないよ!
むしろきみ自身の評価を上げることになるんだ!

ともだちはてな - ぼくはまちちゃん!(Hatena)

まさにfacebookの「いいね!」の事だ!

(via komeou)
Reblogged from i11ness
夏から秋への繋ぎが雑。
Reblogged from Volevo un gatto
himmelkei:

南京錠の鎖 - Radium Software
門に鍵を付けたいのだけれど,複数の人がその鍵を開けられるようにしたい。
そんなときは,複数の南京錠をチェーン状に繋げよう。
f:id:KZR:20080102040323j:image
こうすれば,どれかの錠を外すだけで門を開けることができるようになる。
もし,どれかの鍵を無くしてしまっても,その錠だけを取り替えれば,セキュリティは守られる。合鍵だと,錠とすべての合鍵を取り替えなきゃならない。
こういうインプロビゼーションは大好き。一目では何をしたいのか分からないところもいいね。

himmelkei:

南京錠の鎖 - Radium Software

門に鍵を付けたいのだけれど,複数の人がその鍵を開けられるようにしたい。

そんなときは,複数の南京錠をチェーン状に繋げよう。

f:id:KZR:20080102040323j:image

こうすれば,どれかの錠を外すだけで門を開けることができるようになる。

もし,どれかの鍵を無くしてしまっても,その錠だけを取り替えれば,セキュリティは守られる。合鍵だと,錠とすべての合鍵を取り替えなきゃならない。

こういうインプロビゼーションは大好き。一目では何をしたいのか分からないところもいいね。

Reblogged from Volevo un gatto
愛されるかどうかで人生が変わる予感がしていたきみは、いろんなものを諦めた後で、結局じぶんがかわいそうでしかたがなかった。美しくなれる気がしない、私に才能があるって言ってくれる人がどこにもいない。人間としての尊厳を得られないならせめて、女として価値があればよかったと、願うことはそんなに下品だろうか。きみの涙を平気で同級生は踏みつぶす。清く美しく笑みを絶やさず、才能あふれる人生を。そうでなければ、豚と変わらない、そう言いきる奴ばかりだろう
   
「水着の詩」最果タヒ
   
Reblogged from i11ness